レクサスLSドアトリムの外し方

レクサスLSのドアトリムの脱着方法です。
* トリム全体の写真を撮り忘れましたが、ご了承ください。

① まずはインナーレバーのカバーを外します。マイナスドライバー等で外せます。
*外してしまった後の写真です。
② プラスネジを外します。

イメージ 6






















➂ パワーウィンドウのスイッチを取り外します。
前後に2か所のツメではまっています。外しやすいツメですが、トリム等をキズつけないようにしましょう。

イメージ 7





















④ 配線コネクターを2箇所外し、スイッチを外すとプラスネジがありますので外します。

イメージ 8






















⑤ トリム外側の下側を覗きこむとプラスネジが隠れていますので外します。

イメージ 1




















⑥ これで全てのネジ、トリムが外れました。

イメージ 9





















⑦ トリム全体がクリップで留まってるので、クリップを下側から外して、トリム全体を下から大きくめくりあげる様にします。

大きくめくりあげる”理由は・・・

イメージ 10






















⑧ トリム本体の上側に突起部分があり、ドアボデー側の穴に差し込まれています。

イメージ 11





















⑨ ドアボデー側の穴は下の写真です。 
突起部分がこの穴から抜け出すまでトリムをめくりあげなければなりません。

イメージ 12






















⑩ 突起部分が穴から抜け出たらトリム全体を上側に引き上げればトリムを外す事が出来ます。
* ガラス付近と接触しているトリム上側の水切りモールがきついので注意。



さて、通常トリムを外した場合、復元はその逆の手順で行うのですが、このトリムはちょっと違います!!

ドアトリム上側に付いている水切りモールをドアトリムから分離します。
マイナスドライバー等で金属のツメを抑えながらモールを分離します。トリムを逆さまにすると外しやすいです。

イメージ 2




















こんな感じで分離していきいます。

イメージ 3





















金属クリップは全部で4か所です。

イメージ 4




















外した水切りモールだけをドアボデー側にはめ込みます。

イメージ 5




















この状態にしてから、ドアトリムをドアボデー正面からはめ込むようにして取り付けます。
この時、金属クリップがドアトリムにしっかり差し込まれていく事を確認しながら復元しましょう。

* 水切りモールがドアトリムに取り付けた状態のままでは復元が難しいと思いこの方法をご紹介しました。